ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

リアルタイム情報

あしたのJC

本日の東京市場は続落。大引けの日経平均株価は前日比19円(0.21%)安の9459となりました。東電福島原発の電故は敷地内からプルトニウムが検出されるなど依然として深刻な状況にあることから、再び不安心理が高まりました。前場には日経平均の下げ幅が160円を上回り9300円台前半まで下落する場面もありました。

午後は円相場が下落したこともあり不安心理がやや和らぎ、下げ幅を縮小。ホンダなどの主力株に押し目買いが入ったほか、主力株中心に買い戻しが入ったことも相場押し上げ要因となりました。公的資金の買いが入ったのでは観測もありました。
きょうは配当権利落ち日。配当権利落ち分が約85円といわれていますので、実質的には上昇して引けたと見ることもできますが、意図的な上昇だった可能性もあります。
売買代金は概算1兆7416億円と低調。

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制