ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

リアルタイム情報

あしたのJC

株価上昇は売り方の買い戻しだけが原因ではありません。
外国人の売りも止まりつつあります。
年初からずっと売り越し基調が続いていましたが、先週は10週ぶりに初めて買い越しに転じました。
寄り付き前の外国証券経由の売買注文も昨日、本日と買い越し。
2日連続の買い越しとなるのは1月と2月に各1回ありますが、3回はありません。
あす買い越しとなれば今年初めてとなります。

裁定取引の買い残も5週連続で増加しています。
大きく増加したのは日経平均がバブル後最安値をつけた3月第2週(3/9~3/13)から。
裁定買い残は3月6日が2594億円。それが3月27日には2257億円増の4851億円に増えています。
先高期待があるから買い残が増えるのです。
昨年5月には買い残は3兆3862億円ありました。
減りようがない水準まで減ってからの増加です。

株価反転も当然ではないでしょうか。米国の相場格言に「強気相場は悲観の中で生まれ、懐疑の中で育ち・・・」と言うのがあります。
相場で勝つのは常に少数派。肝に銘じておきたい言葉です。

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制