ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

リアルタイム情報

あしたのJC

東京市場は反落。大引けの日経平均株価は前日比201円安の9024円となりました。欧米景気の先行き不透明感を背景に円が1ドル=83円台前半まで上昇。輸出企業の採算が悪化するとの懸念から投資家心理が冷え込む形となりました。
朝方発表の7月の機械受注統計で、設備投資の先行指標である「船舶・電力除く民需」が前月比8.8%増となったものの、目立った反応はみられませんでした。内容は良好なものの、円高による不安心理に機械受注の好調さがかき消された格好となりました。
騰落銘柄数は値上がり198に対し値下がりが1347。
きょうはこれだけです。

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制