ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

リアルタイム情報

あしたのJC

本日は様子見に徹した方がいいでしょうとコメントしたように、こういう日は動かないのが一番いいと思います。ほかに買う株はいくらでもあるわけですから。
「注目の厳選銘柄」でも紹介したコスモス薬品(3349)ですが、ここへ来て大きく上昇してきました。いらいらされた方もおられたかと思います。全面安の中での上昇だけに株価の基調は弱くはないと思います。利確でも持続でもどちらでもOKだと思います。

エス・バイ・エル(1919)は60円まで買われたあと売られました。高値からの下落率は22%。4月6日の直近安値から14日の高値までの上昇幅の半値押し(46円)近辺まで下げてから切り返しているだけに目先の底を付けた可能性大です。チャートの底入れを示唆する底値圏での寄り引け同時線。高いところを買われた方は持続。ここからの買いも有望でしょう。

ラウンドワン(4680)きょうは6円安。大幅続伸が続いたあとにしては下げは小幅。新興市場の不動産株と同じような売られ方をしていました。今年に入って徐々に修正が進んでいますが、PERは10.0倍と超割安でPBRも0.62倍台。信用倍率は10.7倍と拮抗していますが、ここへ来て空売りが増加、日証金ベースの貸借倍率は0.41倍に改善しています。ここから新規に買う必要はありませんが、持株は当然持続。

パイオニア(6773)は戻りいっぱいとなってきたようです。信用倍率は0.74倍と売り長となっていますが売り残、買い残とも減少しています。早めに外したほうがいいのではと思います。
愛知機械(7263)は乱高下が大きくなってきました。株価が極限近くに達した証拠です。お持ちの方は早めの利確が賢明。

フィデック(8423)はストップ安の13600円まで売られてから切り返してきました。目先の底を付けたのではないでしょうか。ただ売り方の買い戻しはかなり進展、信用倍率は2.00倍に悪化しています。23390円の直近高値を抜くには少し時間はかかりそうですが、PBRは0.42倍台。05年4月の上場来高値から99.5%も売り込まれただけに、高いところを買われた方は持続が賢明。

リベレステ(8887)は大幅安となっていますが、そろそろ下げ止まるはずです。高いところを買われた方は持続で大丈夫だと思います。

以下、良品計画(7453)はお持ちなら乗り換えが賢明、ニューフレアテクノロジー(6256)大真空(6962)は持続で大丈夫でしょう。

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制