ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

リアルタイム情報

あしたのJC

本日のマザーズ市場はこれまでとは違いました。下値をジワジワ切り上げるいい動きになっていましたが、本日は大陽線を引いての大幅高。上昇率5.3%は大暴騰と云っていい上げです。

ライブドアショックから3年が経過、漸く底を入れたとみていいのではないかと思います。この間の下落率は90.9%。経験したことがない記録的な下げでした。1929年のNY市場の大暴落(89.5%)をも上回る下げ。好業績でも信じられない水準まで売り込まれていた銘柄がゴロゴロしていました。

東証1部は手詰まり状態に陥っています。行き場を失った資金が新興市場に回ってきたとみていいでしょう。問題はこうした動きが継続するかです。ストップ高買い気配で終わる銘柄が相次ぎましたので、本日で終了ということはまずないと思います。

現時点ではこうなるとははっきりいえません。あした大きく上昇したら一旦は利確した方がいいのではないかといまのところは考えています。安くなったところを再び狙う、こういう作戦で行こうかと思っていますが、相場の世界です。今回の上昇相場に乗れなかった人は次のチャンスを狙っているはずですから、ここぞとばかり買いを入れて来ることも考えられます。そうなれば人気が人気を呼ぶ可能性が出てきます。
フレキシブルな対応が求められそうです。

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制