ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

リアルタイム情報

あしたのJC

日経平均株価は3日続伸。大引けは前日比167円(1.55%)高の10996円となり、1月15日以来、約2ヶ月ぶりに昨年来高値を更新しました。米国債入札が不調で、米長期金利高から円安の動きとなったこと、懸案のギリシャ問題に手が打たれつつあることが手掛かりとなりました。全32業種が値上がりするほぼ全面高の展開で、売買代金も1兆4889億円と膨らみました。

市場の雰囲気は強気に変わってきました。EU首脳会議がギリシャ支援策で合意したことが市場心理を明るくしています。ギリシャ問題の先行きには留意する必要があるとの雰囲気はあるものの、「峠は越えた」との見方が広がっています。

円安の流れが定着し、円相場が1ドル=93円、94円、95円となってくれば、株価は爆発的に上がる可能性が強まってきました。なんといっても主要国でリーマンショック前の株価を回復していないのは日本だけですから。しかも日本株は世界景気に対して最も敏感で、外国人は世界景気の回復から今年最も上昇するのは日本株だとみているわけですから・・・。現に寄り付き前の外国証券経由の売買動向は3月4日以降、16日連続で買い越しが続いています。
売り方はもう眠れなくなっているはずです。

個別銘柄についてです。
アウトソーシング(2427)の自社株買いは昨日で終了しました。15000株(発行株式総数の10.07%)、5億2500万円を上限としたものでした。同社が買ったのは2月末で1174株(4379万円)、3月25日までで3721株(1億2859万円)の計4895株(1億7239万円)。計画の3分の1にもなりません。
買おうと思ったが買えなかったことが原因とのことです。それと3月24日も買いを入れたが、25日は自社株買いの規定上、買ってはならないこと(決算期末の5営業日以内の買いは不可)がわかり、買いは入れられなかったとのことです。昨日の急落は失望売りを吸収できなかったのが原因です。

決算は4月28日ごろの発表を予定していますが、計画以上のペースで来ているようです。会社側はあまり買えなかったことを気にしています。もう一度自社株買いを発表する可能性もありそうです。持続でいいと思います。

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制