ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

リアルタイム情報

あしたのJC

日経平均は反発しました。大引けは前日比209円(2.07%)高の10355円。本日の日経新聞が「日銀は追加の金融緩和策の検討に入った」と報じたことを好感し、幅広い銘柄に買いが入りました。昨年12月に追加緩和策を決定した際、外国人投資家による日本株買いで相場が急上昇したことが連想されたようです。

きょうの上げの半分以上は先物を売り建てていた向きの買い戻しでしょう。つまり裁定買い。今晩のビッグイベントである米雇用統計発表を前に機関投資家がリスクを取れるとは思えませんから。
主力市場の上昇を受け新興3市場も堅調でした。

個別銘柄についてです。
荒川化学(4968)は1028円で紹介しましたが動きが冴えません。業績が想定超のペースで回復しているため一段安の可能性は乏しいと思いますが、見切りラインの980円を下回って下げるようであればロスカットしてください。早めに見切ったら再度買いも可能になります。

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制