ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

リアルタイム情報

あしたのJC!

先週末の米国株安から本日はほとんどの投資家が下がると思っていたはずです。
朝方は207円安まで下げる場面もありましたが、売り一巡後は次第に切り返す展開。
公的資金が入ったと見られますが、どんどん下値を切って来る動きではないことに注意する必要があります。
買いが入らないなかを下げるという展開です。
新日鉄しかり、東芝・ソニーしかり、日経平均しかり。

最近の米国株の下げは業績悪化を反映したものというよりは銀行株などの不振が主因。
資本注入しても再生への糸口が見えず、国有化されるのではとの懸念から売られる状態が続いています。
出来高も低迷しています。
日本同様、買いが入らないなかを下げている形です。
これでもか、これでもかというくらい、米国では悪材料が相次ぎました。
それゆえ悪材料はほとんど織り込んでいるはずです。
あとは上がるためのきっかけだけです。
金融安定化法案が期待されるゆえんです。

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制