ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

注目の厳選銘柄

WASHハウス(M6537)

高値から9割超も下げた後、反転の動きに変わりつつあります。需給面からも狙い目!

きょうはWASHハウス。前回(2/27)は見切りライン割れとなりましたが、戻り高値更新となり、その時の株価をすでに上回っています。見立ては間違っていなかったわけです。
2017/3の高値から9割超も下落したあと下げ止まり、反転の動きに変わりつつあります。10分の1以下という信じられない水準まで下げてからの反転です。
底値からは8割弱上昇していますが、週足・月足チャートをみればまだまだ大底圏。
トレンドは変わったとみられるので、ここは狙い目と見ます。

上場は2016年11月。
コインランドリーの全国展開を図っており、一時は凄い人気を呼んでいました。それが株価にも表れ17年3月には6200円まで上昇しました。しかしその後は一転、急落、下落は21カ月も続きました。
急落は業績の伸び悩みが主因だとみられますが、昨年は地盤(本社・宮崎市)の九州・西日本を地震・台風が襲い、売り上げまで大きく減少する酷い状況になっていました。
それが90.2%も下落した理由だとみています。

2018年12月期は売上高27.49億円、経常利益0.16億円でした。
連結決算へ移行したため増減率は出ませんが、その前の期(単独決算)が売上高33.75億円(前期比8%増)、経常利益2.47億円(同13%減)でしたから、酷い落ち込みになっていました。
しかし今期は売上高36.75億円(同33%増)、経常利益2億円(同12.5倍)とV字回復を見込んでいます。
災害の影響が和らぐ(まだ継続中です)からです。

株価は日経平均が安値を付けた昨年12/25の606円を底に反転の動きに変わっています。
下げすぎとの判断があったからでしょう。
株価が10分の1以下まで下げるということはめったにありません。潰れそうな会社ぐらいでしょう。 昨年の下げはそれほど酷かったということです。

信用倍率は0.63倍と売り長で信用売り残は18.1万株もあります。このほか「貸し株」が22万株超。これは昨日出来高の2.7日分に相当します。
売り方は持ち上げられていますので買い戻さざるを得なくなっています。
きょうは昨日の大幅高の反動も懸念されますが、いま買わないと買い場を逃すと思い、紹介しました。

(4日株価1075円+72円) 買いゾ~ン円1150円まで 見切りライン899円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制