ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

注目の厳選銘柄

WACUL(M4173)

業績は好調で今期も最高益更新予想。上場来安値まで下げてきたので、ここは狙い目!

マザーズ指数は昨日も5指数の中で最も上昇しました。目先の底を入れたからでしょう。相場は物色難の様相を強めていますので、当面はマザーズの中から選んだ方がいいと考えています。
本日はWACUL。ワカルと読みます。前回は見切りライン割れとなりましたが、再度の推奨。

今年2月の上場です。上場初日に付けた4780円を高値に大きく下落。4カ月以上も底練りの動きが続いていたので、そろそろかと思っていたら、また下落。
底入れはまだ確認されていません。いませんが、チャートからは9/18の1931円で入れたのではないかとみられます。高値からの下落率は59.6%。テクニカル的には売られすぎ状態となっています。
今風の事業内容がよくわからない会社ですが、会社四季報には「WebサイトをAI解析し改善提案、SEOや広告運用代行まで手掛ける。DXコンサルも」と出ています。

調べた結果、分かりやすく説明すると以下のようになります。
主力事業は「AIアナリスト」。顧客のウエブサイトがどう閲覧されているかをAI(人工知能)が分析し、目的に応じた改善策を提案しています。
コロナウイルス禍に伴い企業は対面営業の機会が減少。新規顧客の開拓方法としてサイトの重要性が一段と高まり、同社社長は「業種を問わず引き合いが増えている」と日経紙で語っています。

業績は急速に伸びており、2021年2月期から黒字化しています。規模の経済性が出始めてきたということでしょう。
2021年3~5月期は売上高2.94億円、経常利益0.67億円となっています。前年同期のデータがないため増減率は出ませんが、売上高経常利益率は22%超となっています。
中間期予想は非公表ですが、会社四季報の中間期経常予想が1億円ですから、利益進捗率は67%となります。
通期では売上高10.52億円(前期比47%増)、経常利益2.28億円(同301%増)と最高益更新を見込んでいますが、第1四半期の内容からそれに弾みが付く公算大です。
(注:決算短信を読んでも、どれがどれだけ伸びたかさっぱり分かりません。が、時代が業績を後押ししています、そんな感じの決算短信です)

相場の流れをいち早く示すパラボリック指数はずっと陰転(=売りシグナル点灯)が続いていましたが、昨日初めて陽転(=買いシグナル点灯)しました。信頼性の高い指標であるMACDも底入れの動きに変わりつつあります。
ボリンジャ―バンドもバンドが極限まで広がっていますので、今後の動きはこれまでとは変わったものになるはずです。
底入れはまだ確認できていませんが、上場来安値まで下げてから下げ止まる動きに変わっています。
マザーズの環境が好転してきましたので、ここは狙い目と見ます。

(23日株価2091円+70円) 買いゾ~ン2200円まで 見切りライン1930円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制