ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

注目の厳選銘柄

VOYAGE(3688)

株価は売られすぎ状態になっています。業績は好調。下げ渋る動きに変わっており、ここは狙い目!

株価は売られすぎ状態になっています。7/25の直近高値からの下落率は38%超。足元は下げ渋る動きに変わっていますので、きっかけ次第では急反転の可能性もあります。
急落したのは決算のせいです。
今9月期の第3四半期(10~6月)決算は売上高196.42億円(前年同期比29%増)、経常利益16.97億円(同46%増)と好調なものでした。
通期では売上高250億円(同20%増)、経常利益18億円(同44%増)と大幅な増収益を見込んでいます。
通期計画に対する経常利益の進捗率は94%超、売上高も78%超に達しています。

これで売られたのは第3四半期の売上高が61.99億円、経常利益が2.99億円にとどまったからです。
第2四半期(1~3月)が売上高68.70億円、経常利益6.89円でしたから、売り上げ、利益とも落ち込む形になっています。
決算資料を読んだのですが、この落ち込みが何だったのかよく分かりません。事業の性格上、もともとそういう予算だったのかもしれません。
業績は今期に入り何度も修正されるなど好調です。会社四季報は「会社比強気」とし今期経常は19億円に拡大、来期はさらに拡大するとしています。

悪材料はすでに織り込まれました。
来月には会社四季報も発売されます。業績不安がないとなれば、ここは狙い目でしょう。
株価下落に伴いナンピン買いから信用買い残は164.7万株もありますが、「貸し株」も143万株超出ており、需給に問題はありません。

ただ積極的に買える相場環境ではありませんので、当面は無理な売買は控えてください。

(23日株価1809円+17円) 買いゾ~ン1900円まで 見切りライン1749円 100株単位

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制