ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

注目の厳選銘柄

SKIYAKI(Ⅿ3995)

出色の決算です。上場来安値まで下げてから反転しつつあるここは狙い目!

きょうはフリービット(3843)にするか同社にするか相当相当迷いましたが、同社に決めました。チャート的な妙味が決め手になりました。
両方とも決算は予想以上でしたが、SKIKAKIは日足チャートが良かったこと、上場来の安値を付けてからの反騰過程にあり、下値リスクが小さいと思ったからです。
3期ぶりの最高益となる可能性もあり、うまくいけば上場来高値更新となる可能性もあったからです。

1月決算会社ですので会社四季報では同社の業績は2~4月期分しか分かりません(フリービットは4月決算で第1Q分も出ていません)。その分、過小に評価されている可能性があります。
そんな中、好調な決算を発表しました。
2020年2~10月期は売上高36.98億円(前年同期比4%増)、経常利益1.47億円(同80%増)と増収・大幅増益となりました。
中間期が売上高24.21億円(同3%増)、経常利益0.80億円(同11%減)ですから出色の内容と云って過言ではありません。
通期業績は売上高49.50億円(同1%増)、経常利益1.20億円(同377%増)を据え置いていますが、通期計画を既に2割強超上回っていることから、大幅な上振れが確実。
過去最高益は2018年1月期に記録した2.16億円億円ですが、第3四半期の経常利益が0.67億円あることから3期ぶりの最高益更新となる可能性も十分。

株価の動きをいち早く反映するパラボリック指数は11日の反転で陽転1日目(=買いシグナル点灯)となっています。
MACD、ボリンジャーバンドもいい形になっています。
信用倍率は9.04倍と買い長で買い残が55.7万株ありますが、「貸し株」も89万株超出ています。
需給は良好。なお制限値幅は100円です。
なおPTSは705円+70円(11.02%)、出来高12300株。
フリービットは1050.1円+91.1円(9.50%、出来高11900株となっています

(11日株価635円+33円) 買いゾ~ン725円まで 見切りライン579円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制