ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

注目の厳選銘柄

NISSHA(7915)

徹底的に売られましたが、業績は悪くありません。チャートは底を入れ、反転の動きに変わろうとしています!

手掛かり材料がなく市場は再び閑散相場に逆戻りしています。今は焦らず、ゆっくり対処するところです。
本日は久々の製造企業でNISSHA。それもハイテク関連です。

これ以上は下がらないといわれる水準が「半値八掛け二割引き」の68%です。
同社株はそれを下回る76.7%の下落となっています。
業績不振で赤字転落ならそれも分かりますが、業績はまずまずで、今12月期は売上高1950億円(前期比5%減)、経常利益78億円(同5%増)と増益の見通しです。
配当も5円増の年35円配を予定です(増配は記念配のようです)。

堅調な業績にもかかわらずここまで売られたのは、スマホやタブレット端末向けが主力となっているためです。スマホの成長鈍化はこれまで何度も指摘されていましたが、需要がなくなるわけではありません。
米中貿易摩擦の激化もあり、物色の圏外に置かれたことがこうした株価を現出させたとみています。
今週からは韓国への半導体製造用ガスなどの輸出規制というマイナス材料も新たに加わりました。

事業環境は最悪と言える状況ですが、これまでの下げでそれらはあらかた織り込まれています。
チャートをみると6/3の989円で底を入れ反転の動きに変わろうとしています。
信用倍率は1.65倍と接近しており「貸し株」が120万株超出ています。需給は良好。
これ以上下げないとなれば売り方は買い戻すしかなくなります。
その面からもここは狙い目と見ます。

(2日株価1165円+20円) 買いゾ~ン1200円まで   見切りライン1029円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制