ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

注目の厳選銘柄

NFインド株(1678)

中国に代わる世界の工場の地位を狙いました。押しを入れたここは狙い目!

決算プレーは周りが決算一色にならなければ成果が見込めません。その銘柄だけに注文が集まり、とんでもない水準で寄ってしまうケースが多いからです。
それで本日は個別株ではなくインド株ETF。インド株を個別で買うと手数料等が高くなるので、外国人にはETFが一番と何度か聞いたことがあります。

昨日、インパクトHDの見通しコメントで、「今後、インド事業が注目を集めそうだ」とコメントしました。
実際の人口は中国を抜いて既に世界トップだと言われています(中国が発表した人口14億人は多分、嘘です)。先進各国が中国事業に見切りを付けつつありますので、世界の工場の地位はインドに移るはずです。そうなれはインド経済は一段と発展、株価指数も上がってきます。
それを狙いました。

インドは今年4、5、6月にかけてコロナ感染者が連日50~60万人台に達するなど酷い状況でした。それが7月以降、急速に減少、米国を大幅に下回るまでになっています。
昨日16:00時点の感染者は1万2428人でした。同タイム時の米国は10万1309人、英国は3万6369人、ロシア3万6974人、トルコ2万7633人となっています。
人口が14億人前後いることを考えると相当な少なさです(人口対比で日本基準に換算すると1108人)。
都市のロックダウンも解除されたそうで今後、経済再開効果も出てきます。

株価はコロナショックで下落した後、右肩上がりの上昇が続いていますが、279円の高値を付けた後、押し目を作りました。この局面は格好の買い場ではないかと思います。
指数を買うわけですから短期ではなく中長期スタンスの銘柄です。

(26日株価246円±0) 買いゾ~ン260円まで 見切りライン228円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制