ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

注目の厳選銘柄

NEC(6701)

業績は様変わりで改善しています。増額を発表したここは狙い目!

きょうは主力株のNECです。
昨日の決算をみて、これまでの低迷から脱却つつあると判断しました。
9月中間期は売上高1兆8287億円(前年同期比0.3%減)、営業利益710.60億円(同25%減)と微減収・大幅減益となりましたが、会社四季報予想の売上高1兆3700億円、営業利益230億円を大幅に上回る内容となっています(注:同社は中間期業績予想は非開示)。
四半期ベースの営業利益は第1Qの54.17億円が第2Qには656.43億円と急増。季節性があるとはいえ様変わりの改善です。

これを受け通期売上高を2兆9500億円→3兆8000億円(同3.9%減)に、通期営業利益を1100億円→1600億円(同22.9%増)に増額修正しています。
会社資料を見たら、「上期は全セグメントで増益を達成。上期は想定以上の増益となったが、通期計画に対しても上振れを目指す」との力強いコメントが出ていました(同社の収益は下期偏重型です)。
NTTドコモ向けに5G基地局の出荷を開始しており、楽天モバイルから5G基地局を受注していることもあり、5G関連を中心に来期は一段の拡大が期待できそうです。

株価は3カ月近く高値でもみ合っておりテクニカル的にはそろそろ放れておかしくありません。
次世代通信規格「5G」などで成長性のある半導体関連株などは大幅下方修正でも「悪材料が出尽くした」として買いが入るケースが多くなっているので、増額を発表した同社は上放れる可能性があるのではと判断しました。
信用倍率は6.47倍と大幅な買い長で買い残が178万株ありますが、「貸し株」も497万株超出ています。これは昨日出来高の3.4日分に相当し金額ベースで230億円に達します。
上値追いの動きとなったら買い戻さざるを得なくなります。
なお今回は高値圏での紹介となるので、心配な方は無理する必要はありません。

このほか買い推奨するか迷ったのは、医学生物学研究所(JQ4557)、アイネス(9742)、SBテクノロジー(4726)です。業績、チャートから行けそうだと思った銘柄です。
この中に眼鏡にかなう銘柄があったら各自の判断で売買してください。

(29日株価4630円+75円)買いゾ~ン4890円まで 見切りライン4379円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制