ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

注目の厳選銘柄

MS-Japan(6539)

好決算ながら売られましたが、底入れ反転の動きになろうとしています!

日経平均は21日の21243円(ザラ場ベース)で2番底を入れた可能性が出てきました。日足も20日線の上方に出てきました。
こうした状況が続くとチャート的には上昇余地が広がってきます。
21日の14:56に「Nビディアは反発しています。先行き期待が高まってきました」とコメント(マーケット解説参照)しましたが、そのような動きです。
「当面の相場は上ではなく2番底を付けに行くとのイメージで臨んでください」としていましたが、今後は前向きのスタンスで臨んでください。
本日は底入れ反転の動きになったとみられる銘柄です。

好決算を発表したものの、大きく売られました。今回の決算ではこういうのが目立ちました。
7日発表した9月中間決算は売上高18.11億円(前年同期比22%増)、経常利益8.27億円(同37.7%増)と予想(経常予想7.15億円)を上回るものでした。
通期業績は売上高37億円(同21%増)、経常利益15.22億円(同16%増)を据え置いていますが、最高益更新見通しは変わりません。
中間期が予想以上だったことから上振れ着地する可能性は十分あります。

新興株の今年に入っての不振は外国人売りが原因と日経紙が報じていましたが、それもほぼ一巡したようです。その結果として新興株は「身動きの取れない個人の動きを映した相場」になっています。買い場と思うが余力がなく動けない、という状態です(東証1部銘柄ですが、同社も新興株に毛の生えたようね銘柄です)。

でもここからの下値リスクはそうありません。
テクニカル的には売られすぎ状態になっていますので、市場が落ち着きを取り戻すにつれ、戻りを試す動きになるとみています。
信用倍率は39.7倍と大幅な買い長で買い残が44.1万株ありますが、「貸し株」が45.4万株出ており、需給に問題はありません。

(27日株価1405円+63円) 買いゾ~ン1500円まで 見切りライン1263円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制