ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

注目の厳選銘柄

MS-Japan(6539)

中段もみ合いが続いており、そろそろ上放れそうです。業績は絶好調。需給面からも狙い目!

昨日、空売り比率が39.9%と久方ぶりに40%を下回りました。40%を下回るのは昨年11/30の39.1%以来3カ月ぶり。昨年10/1以降、6カ月以上にわたって売買高の40%以上を空売りが占めていたのですが、その流れが変わる可能性が出てきました(40%以下は6か月間でたった2日だけです)。
2/25には20日移動平均線が60日移動平均線を下から上に突き抜けるゴールデンクロスも示現しています。チャート分析上は強気サインがともった形になっています。
肝心の60日線はまだ下を向いていますが、これが横ばいになり上向きに変わったら、市場の雰囲気は強気ムードに変わるのではとみています。

米国株が下落していますが、本日は少しリスクを取りたいと思います。
安値圏の銘柄を仕込んでも今はうんともすんともしないからです。銘柄は昨年11月に紹介し、決算を受けて急伸した今年2月7日に利確したMS-Japan。

足元の株価は中段もみ合い。決算を好感して上伸した後、高値圏で売りと買いががっぷり四つで保ち合っています。
1カ月近く保ち合っており、そろそろ上下どちらかに放れそうですが、業績が絶好ともいえる状況で地合いも良くなってきましたので、放れるとしたら上だとみています。
その意味でここは狙い目でしょう。

2018年4~12月期は売上高28%.45億円(前年同期比26%増)、経常利益13.42億円(同48%増)と予想を上回る内容でした。
通期業績は売上高37億円(同21%増)、経常利益15.22億円(同16%増)を据え置いていますが、利益進捗率は88%超に達しており、最高益更新に弾みが付きそうな内容となっています。

信用倍率は5.38倍と買い長で買い残が23.9万株ありますが、「貸し株」が44万株超出ており需給は良好。
売り方は持ち上げられた状態になっています。上放れたら買い戻さざるを得なくなります。
安値圏での推奨ではないので、見切りラインには注意してください。

(4日株価1817円+5円) 買いゾ~ン1900円まで 見切りライン1671円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制