ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

注目の厳選銘柄

KOA(6999)

びっくりの増額修正を発表しましたが、地合い悪化から寄り天になってしまいました。下げ過ぎたここは狙い目!

この銘柄は本当は昨日紹介する予定でした。チャート妙味もあったので行けると判断、推奨文の殆どを前日に書き上げていました。
ところが20日、起きたらコロナ感染症の再拡大で米国株が急落していました。経済の正常化で予想以上の業績になるとはいえ、寄り天になる可能性があり、まずいことになったと思っていました。
そんな中、テレビ東京の早朝の株式番組がクラウドファンディングを取り上げていたので、これだと思い、急きょ銘柄をマクアケに変えた経緯があります。
そのことは当社ブログでも書きました。

予測通りの結果です。
前日比157円(9.9%)高の1740円で寄り付いたそこがほぼ天井で、以後、上げ足を急速に縮小していました。終値は25円高の1608円。
ほぼ振り出しに戻ってしまいましたが、下げ過ぎたここは絶好の買い場でしょう。

コロナで予想以上の急落を演じたとはいえ、急落は19日(米時間)の1日だけでしょう。そこまで織り込まれています。その意味でここは狙い目と判断したわけです。
米国株の急落がなかったらストップ高になっていたかもしれない増額修正でした。
以後のコメントは昨日の大陰線を無視してお読みください。

株価は高値もみ合いとなっています(週足で見てください)。もみが半年も続いていますので、そろそる上下どちらかに放れておかしくありません。
業績が予想以上に良くなっているので放れるとしたら上でしょう。
2021年4~6月期売上高を149億円→149億円(前年同期比45%増)に、経常利益を11億円→20.12億円(同322%増)に増額修正しています。
凄い増額ですが、同社は業績予想については次の四半期分だけしか発表していません。

会社四季報の中間期予想は売上高310億円(同40%増)、経常利益27億円(同335%増)、通期予想は売上高620億円(同23%増)、経常利益54億円(同83%増)となっています。
凄い増収益を予想していますが、進捗率からみたら、売り上げ、利益とももっと上があっておかしくありません。
会社資料には日本や欧州の産業機器向けに抵抗器需要が伸びた。為替レートが想定より円安で推移したため、売上高、営業利益、経常利益、純利益とも予想を上回ることになったと出ています。
過去最高益は2001年3月期に記録した108億円ですが、それ以降では2番目が2007年3月期の71.62億円、3番目が2019年3月期の63.04億円です。

第1四半期の内容から63.04億円を上回るのは確実で、2007年3月期の71.62億円を上回る可能性も十分あります。
となれば株価は2018年前半に付けていた2200~2800円以上があってもおかしくありません。
信用倍率は45.95倍と買い長で買い残が20万株ありますが、「貸し株」も5.3万株出ています。需給に問題はありません。
なおPTSは1616円+8円、出来高1100株となっています。

(20日株価1608円+25円) 買いゾ~ン1740円まで 見切りライン1549円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制