ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

注目の厳選銘柄

IDOM(7599)

きょうは攻めの銘柄です。業績は予想以上で来2022年2月期は15期ぶりの最高益更新となる可能性も!

このところずっとリスクの小さい、守りの銘柄ばかり紹介してきましたが、きょうは少しリスクを取りたいと思います。

旧ガリバーインターナショナルです。
1/14に、2020年3~11月期が売上高2820億円(前年同期比3%増)、経常利益78.49億円(同22%増)となったことを受け、通期売上高を3600億円→3617億円(同0%増)に、通期経常を70億円→89億円(同29%増)に増額しました。
これを好感し15日は18円高で始まったものの、急落、引けは34円安となっていました。その後、さらに下落しましたが、売りが一巡した後は急速に戻し、昨年10月以来の高値で引けています。
決算が好感された形ですが、第3四半期を取り出すと売上高1039億円、経常利益47.02億円となっています。
2四半期の合計である中間期が売上高1781億円、経常31.47億円でしたから凄い回復です。
会社四季報には「コロナで序盤に小売り台数低迷だが、上期途中から回復想定以上。下期も着実。買い取り復調。…」と出ていますが、そのような内容となっています。
第4四半期は最不需要期ですが、上振れる可能性大ではないかと見られます。

過去最高益は2007年2月期に記録した109億円ですが、今期経常はそれに次ぐ水準まで回復する見通しです。
中古車はコロナ禍の影響を受けないということでしょう。
会社四季報は2022年2月期経常を今期予想比17億円増の87億円(同24%増)と予想しています。
増額修正前の予想であり今期経常が増額されたことを前提にすると、来期は15期ぶりに最高益を更新する可能性もあります。

今の相場はそういう銘柄が集中的に物色されていますので、同社株はさらに上昇する可能性があります。
その意味でここは狙い目でしょう。
株価の動きをいち早くい反映するパラボリック指数は陽転(=買いシグナル)3日目となっておりMACDは底離れをうかがわせる動きになっています。
信用倍率は14.89倍と買い長で買い残が74万株ありますが、「貸し株」が86万株超出ています。需給は良好です。
本日は攻めの銘柄ですので不安な方は無理する必要はありません。
なおPTSは出来ずとなっています。

(25日株価634円-6円) 買いゾ~ン650円まで 見切りライン591円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制