ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

注目の厳選銘柄

I-PEX(6640)

株価は業績悪化を織り込んだ形になっていますが、実態は逆です。12年ぶりの最高益更新となるここは狙い目!

本日はI-PEXです。安心して買える銘柄として選びました。
旧第一精工です。
8月の下落は決算発表(8/11)を受けたものと分かりました。
今期業績見通しを売上高626億円(前年同期比14%増)、経常利益57億円(同113%増)見通しと発表していたからです。
中間期が売上高327億円(同34%増)、経常利益41.07億円(同41.07%増)でしたので、先行き、業績が悪化すると受け取られたのでしょう。

昨日発表した2021年1~9月期決算は売上高500億円(同29%増)、経常利益64.18億円(同293%増)と予想を上回るものでした。これを受け、通期売上高を626億円→658億円(同20%増)に、通期経常を57億円→73億円(同173%増)に引き上げました。これにより今期は2010年3月期の最高益を12期ぶりに更新の見通しとなっています。
会社資料には旺盛なパソコン需要を背景にコネクターが伸長したほか、自動車や設備向けも好調だった、と出ています。
第3四半期を取り出すと売上高173億円、経常利益23.11億円となります。中間期(売上高327億円、経常利益41.07億円)からさらに伸びる形になっています。
好調な決算を受け、配当も35.00円→50.00円に増配するとしています。

株価は業績が悪化するとの前提で形成されています。それがそうではなく、12期ぶりに最高益更新となるわけですから、ここは狙い目でしょう。
信用倍率は8.59倍と買い長で買い残が53万株ありますが、「貸し株」も16万株超出ています。需給に問題はありません。
なおPTSは2282円+169円(8.00%)、出来高11700株となっています。

(8日株価2113円+65円) 買いゾ~ン2330円まで 見切りライン1880円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制