ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > GNIグループ(M2160)

注目の厳選銘柄

GNIグループ(M2160)

業績は予想以上。今期も最高益更新となりそうです。1年以上も下落が続きましたが、決算を機にトレンドが転換しそうです。

久々のバイオ関連です。この種の銘柄はあまり推奨しませんが、今回は業績面からみていけると思い紹介しました。
昨年2月以降、1年2カ月も下落相場が続いています。
底入れはまだですが、高値からの下落率は実に67%超。3分の1以下になっています。
テクニカル的には「超」売られすぎ状態になっており、きっかけ次第では急反転の可能性大です。
14、15日の陽線は底入れを示唆しているのではと見られます。

ずっと赤字が続いていました。バイオ関連の特徴ですが、2017年2月期から黒字に浮上、黒字が定着しています。ここが他のバイオ関連と決定的に違う点です。
こうした中、凄い決算を発表しました。
2019年1~3月期は売上高15.75億円(前年同期比55%増)、税前利益2.66億円(前年同期は▲2.22億円)と前年の赤字から急浮上しています。
通期業績は売上高71.19億円(同41%増)、税前利益7.42億円(同103%増)を据え置いていますが、進捗率からみて増額の可能性大で、最高益更新に弾みが付くのではと見ています。

会社資料をチェックしたら、「当社グループの主要事業の向上により営業利益は引き続き増加しております」と出ていましたので、第2四半期以降も好調が続く可能性大です。
同社は中間期業績は非開示としていますが、会社四季報は売上高25億円、税前利益3億円と予想しています。
それに対する進捗率は税前利益で88%超、売上高で63%超となっていますが、特殊要因ではなく各事業が伸びてそうなったことは評価に値します。

決算がきっかけとなりトレンドが変わる可能性が出てきましたので、ここは狙い目と見ます。
信用買い残は91.4万株と過大ですが、「貸し株」が112.8万株出ています。需給は良好です。

このほか買い推奨するか迷った銘柄は三菱化工機(6331・期待値が低かった分、狙い目)、マーケットエンタープライズ(M3135),テクノスジャパン(3666)、オークファン(M3674・推奨中の銘柄です)、ビーロット(3452・出色過ぎの決算、推奨中の銘柄です)、早稲田アカデミー(4718・好チャート)です。
このなかに眼鏡にかなったものがあったら、各自の判断で売買してください。

(15日株価2660円+63円) 買いゾ~ン2860円まで 見切りライン2499円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制