ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > G-3ホールディングス(東証2部3647)

注目の厳選銘柄

G-3ホールディングス(東証2部3647)

下方修正した直後、今期はV字回復すると発表しています。低位株で「箸休め」的な銘柄です!

昨日の米国株は安く引けています。それもあってきょうも膠着相場が続きそうです。
買い手掛かり材料がないので様子見も考えましたが、株を売買しないと心が落ち着かない「カブ中」の方もおられると思いますので、きょうはそれに沿った銘柄を考えました。
銘柄はG-3ホールディングス。200円台の低位株です。
遊びで買える方だけ買ってください。

10/7に2020年8月期売上高を49.50億円→45.70億円に、経常利益を1.96億円→1.16億円に下方修正し、配当を無配(前期は8円配)にすると発表しました。
これを嫌気し、株価は195円まで9%強下落しましたが、13日以降、動きは変わりつつあります。
下方修正を受けて下落し反転しようかという動きになっていたので、業績不安は織り込んだはずです。
こうした中、決算を発表しました。

2020年8月期は売上高45.70億円(前期比5%減)、経常利益1.15億円(前期は▲5.75億円)。事前に下方修正した通りの内容でしたが、前期の大幅赤字からは大きく回復した形になっています。
そして今期は売上高35億円(同23%減)、経常利益2億円(同73%増)と一段の回復を見込んでいます。
配当も8円復配を予定しています。

となれば最低でも下方修正発表前の水準まで戻しておかしくありません。
株価は3月の110円、7月の178円を1番底、2番底として上昇していますので、10/12の195円は3番底と見られます。
相場は手詰まり状態に陥っていますので、低位株の同社が人気化する可能性は十分あります。
売るのは吹いた局面。そういう観点からの銘柄です。
信用買い残が28.5万株ありますが、「貸し株」も29.8万株出ています。需給に問題はありません。
なおPTS(夜間取引)は昨日終値比36円高の240円で引けています。売買高は5.74万株。

(15日株価204円+7円) 買いゾ~ン245円まで 見切りライン194円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制