ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

注目の厳選銘柄

FRONTEO(M2158)

業績は予想以上です。適度な調整を入れたここは狙い目。需給も良好です!

銘柄を決めるのが大変でしたが、同社にしました。
決算を好感して1056円まで上昇した後、利益確定売りに押されましたが、すでに底を入れ、下げ渋る動きから反転の動きに変わろうとしています。
7/20に付けた安値648円は高値から38%超押した水準。調整は十分したとみています。
相場の流れをいち早く反映するパラボリック指数(=それだけにダマシが多いのも難点ですが…)は8日前から買いシグナルが点灯しており、MACDからも流れは変わったとみられます。

2020年4~6月期は売上高29.33億円(前年同期比13%増)、経常利益0.41億円(前年同期は▲4.79億円)と黒字浮上しました。
通期業績は売上高110億円(同5%増)、経常利益0.97億円(前期は▲929億円)を据え置いていますが、進捗率からみて上振れる可能性大です。
同社は中間期見通しは発表していませんが、会社四季報予想の中間期経常が0.10億円(前年同期は▲8.27億円)ですから、予想以上に業績は良くなっているのではないかと思います。

ラジオ日経の株式放送を聴きながら書いているのですが、先ほど(8:11)カブコム証券の営業部長が業績急回復銘柄の1社として同社をあげていました(他に数社)。
新規公開銘柄かと思っていら旧UBICでした。
信用買い残が394.5万株ありますが、「貸し株」が795..5万株も出ています。需給面からも狙い目大です。
PTSは840円+67円 出来高131100株となっています。
なお制限値幅は150円です。

(14日株価773円+49円) 買いゾ~ン903円まで 見切りライン867円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制