ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

注目の厳選銘柄

ALBERT(M3906)

自動運転で知られた会社です。規模の経済性が発現。今期はV字回復し2期ぶりの最高益見通しです!

決算発表は今週いっぱい続く見通しです。ただ、22日発表分にはいいのがありません。
そんな中から選んだ銘柄です。本日は材料株的測面もありますので、割り切って買える方だけトライしてください。

AI(人工知能)、ディープラーニング技術を活用したビッグデータ分析が主力。自動運転関連として注目されたこともありました。
その時の高値は16730円(2018/11)。株価はそこから83.2%も下落しました。5分の1以下になったわけです。その時に付けた株価2800円(4/6)が多分、大底だと思います。その時から倍以上上昇していますが、過去との比較ではまだまだ割安圏。

そんな中、好決算を発表しました。
2019年12月期は売上高23.24億円(前期比42%増)、経常利益1.93億円(同2%減)と予想(経常利益で3.60億円)を下回って着地、微減益となりました。
しかし今期は売上高29億円(同24%増)、経常利益2.90億円(同49%増)と大幅な増収益を予想、2期ぶりの最高益を見込んでいます。
売り上げの妥当性について監査法人から指摘されたため、外部調査委員会を設置して調査していたため決算発表が遅れに遅れ、22日の発表となりました。
前期と今期予想を一緒に出したわけです。
決算資料には、今期の決算には調査の結果、1.9億円の費用計上を見込んでいると出ていましたので、実質的な利益はプラス1.9億円となり凄い高収益となります。

利益が出始めたのは2018年12月からです。その時の経常利益は1.99億円、そして1.93億円、今期2.90億円となります。
規模の経済性が発現してきた感じですので来期はさらに良くなると見られます。
その意味で安値ゾ~ンのここは狙い目と判断しました。
指標面からは決して割安ではありません。今回は割り切って買える方が対象です。
信用買い残が37.4万株ありますが、「貸し株」も82.7万株出ています。需給は良好。
制限値幅は1000円です。
なおPTSは6800円(+510円)となっています。

このほか買い推奨を考えたのは(夜間取引価格も入れました。±は終値比)…
●JMC(7702)…前期は減益も、今期は増益を予想。会社資料にはコロナのことを考え、当社は…と出ています。好チャート。PTSは+46.9円。(株価1288円)
●三菱UFJリース(8593)…最高益も今期業績は未定。株価は安値圏もオリックス(8591)も同様。ここが難点だが…。PTSは-9円(株価519円)
●日本コークス工業(3315)…前期は大幅減益も予想通りの内容。今9月中間期経常は7億円(前年同期比は▲2.69億円)と増益を予想。PTSは+0.1円(株価58円)
です。
この中に眼鏡にかなう銘柄があったら各自の判断で売買してください。

(22日株価6290円±0) 買いゾ~ン7000円で 見切りライン5189円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制