ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > AIインサイド(M4488)

注目の厳選銘柄

AIインサイド(M4488)

群を抜く成長銘柄で業績も抜群。「半値八掛け二割引き」水準で下げ止まり、反転の動きとなりつつあります!

よく分からない幅で上げたり下げたりしていますが、ここは慎重に対処した方がいいと思います。今月下旬からは決算発表も始まります。
本日はAI insaide。2019年12月のIPO銘柄です。AI認識技術を活用したクラウド型OCRサービス(注:OCRとは手書きや印刷された文字をスキャナやカメラで読み取り、コンピュータが利用できるデジタルや文字コードに変換する技術)が主力。手書き文字のデジタル文字転換に強みを持っています。

事業が事業だけに公開後、凄い人気を集めました。寄付値から昨年11月に付けた高値までの上昇率は7.6倍にも達していました。
しかししその後は大きく下落。
2020年4~12月期決算を受けた2/12以降の下げはきついものでした。
2/10発表した2020年4~12月期決算は売上高32.75億円(前年同期比208%増)、経常利益16.97億円(同507%増)と凄いものでした。売り上げの半分以上が利益という凄い収益です。
通期では売上高44.71億円(同181%増)、経常利益18.58億円(同354%増)と最高益を見込んでいます。

この決算を受けて急落した理由はよく分かりません。上げ過ぎの反動かもしれませんし、失望売りだったかもしれません(中間決算を発表した時は通期経常を10.32億円→18.58億円に増額していました)。

PERは現在でも114倍台と高い水準にありますが、2月からの急落で割高感が修正されたのも事実です。
高値からの下落率は65.9%に達しています。どんなに下げてもそれ以上にはならないとされる「半値八掛け二割引き」水準で下げ止まっています。
会社四季報は今期も売上高57億円、経常利益24億円と一段の拡大を予想しています。
大きく反転していないので底入れはまだ確認できていませんが、底入れした可能性が出てきたここは狙い目でしょう。
全面安となった昨日も前日比変わらずと底堅い動きでした。
テクニカル指標のMACDは既に底入れの動きになっており、売りサインが続いていたパラボリック指数も近々に陽転(=買いシグナル)しそうです。

信用買い残が33万株ありますが、「貸し株」も28万株超出ています。需給に問題はありません。
マザーズ銘柄ですが、昨日の売買代金は34.1億円に達しています。

(6日株価36200円±0) 買いゾ~ン37500円まで 見切りライン32749円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制