ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > ADワークスグループ(2982)

注目の厳選銘柄

ADワークスグループ(2982)

業績は予想以上のペースで来ています。なのに株価は安値圏まで下げています!

何を買ったらいいか分からない難しい相場になっていますが、下値を心配する必要はなくなっています。世界的に超金融緩和状態になっていますので、いいのがあったら積極的に狙っていくところだとみています。
きょうは「箸休め」的な銘柄。遊び感覚で少し買ったらどうかと思い紹介しました。
旧A.D.ワークスから株式移転した持ち株会社で、株価の連続性はありません。
中古マンションやビルを1棟仕入れ、付加価値を高めて富裕層に販売しています。

今12月期は9カ月の変則決算となります。
業績的な比較は困難ですが、通期では売上高160億円、経常利益4億円を見込んでいます(2020年3月期は売上高246億円、経常利益9.32億円でした)。
4~6月期が売上高22.53億円、経常利益▲2.56億円と大幅赤字となったので、業績面の期待値は高くなかったと思います。
決算を受けた8/13以降、軟調な動きになっていることからも明らかでしょう。

しかし本日の日経新聞が4~9月期経常が従来予想の1.4億円の赤字から上振れし0.5億円前後の黒字になりそうだと報じています。
コロナウイルスの感染拡大から4~6月期は物件売却が滞ったが、それが改善、売却が想定を上回ったとしています。小さなベタ記事ですが、株価が安値圏まで下がっているだけに、ここは狙い目と判断しました。
2円ながら配当も行っています。会社四季報予想では今期は2.6~3.5円配予想。
信用倍率は3.04倍とやや買い長で買い残が32.4万株ありますが、「貸し株」も95.0万株出ています。
需給は良好です。

(29日株価160円+2円) 買いゾ~ン170円まで 見切りライン151円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制