ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > ADワークスグループ(P2982)

注目の厳選銘柄

ADワークスグループ(P2982)

市場は物色難の動きになっており、その面からの注目株。業績は好調で今期も最高益更新見通しです。チャートも良好!

相場の方向性が読めません。何を買ったらいいか分からない状態になっていますので、積極的な売買は控えてください。
昨日は低位株が結構上昇していました。物色難を反映したものではないかとみられます。そこで本日はADワークスGを紹介します。遊び感覚の銘柄ですので嫌な方はスルーしてください。
再上場銘柄です。株価は上場来安値まで下落してから反転の動きに変わっています。が、まだ安値圏にあることは変わりません。前回(2020/5)紹介したときは利確することができました。

2022年1~3月期は売上高64.13億円(前年同期比2%増)、経常利益1.35億円(同37%減と増収減益となりました。
決算を受けた5/14は同社としては乱高下しましたが、終値は1円安。その後の動きからも悪材料とは受け取られていないようです。
会社資料には、販売用不動産の平均単価の違いで四半期ごとの収益は変動するが、ストップ型収入は安定的に増加しており、通期計画の達成に向けて着実に進捗している、と出ています。
そして今12月期は売上高300億円(同20%増)、経常利益8億円(同23%増)を見込んでいると発表しています、

2020/4に持株会社化した会社ですが、今期の8億円は過去最高益となります。
昨日はもみ合い放れかと思わせる動きになっています。
3.5円ながら配当は行っています。PBRは0.47倍まで低下しており下値リスクは乏しいとみられます。
信用倍率は0.49倍と売り長で売り残は147万株もあります。このほか「貸し株」にお出ている株が270万株超。需給は良好です。
なおPTSは150.9円-0.1円、出来高400株となっています。

(23日株価151円+2円) 買いゾ~ン155円まで 見切りライン144円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制