ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > 島精機製作所(6222)

注目の厳選銘柄

島精機製作所(6222)

株価は下げ余地のない水準まで下げています。そんな中、業績は急速に回復しています。来期を見据えた銘柄です!

本日から配信を再開します。なお新しい電話番号は0997-97-2284です。TELはそちらにお願します。
引っ越し中に地合いが急激に悪化、株価が大きく下がってしまいました。この地合いがすぐ改善することは難しいと見なければなりません。
米金利が上昇傾向に転じたため、物色の中心は今後、バリュー株に変わって来るはずです。 ですが、決算発表が本格化しつつあるため、当面は決算プレー銘柄の紹介となります。
発表された決算の多くは良好ですが、株価が大きく上昇していたり中途半端な水準にある銘柄が多く、チャートからみてこれはというのがあまりありません。
そんな中、選んだのが島精機製作所。

赤字見通しを発表していたこともあり、株価はそう上がっていません。
9月の直近高値からは4カ月連続で下落、下落率は29%超となっています。27日の1769円はボリンジャーバンドのマイナス3σ(=1770.1円)に迫るもので、あと少しで「超」売られすぎ状態となるところでした。出来高も膨らんでいるのでセリングクライマックスだった可能性もあります。

こんな中、発表した第3四半期決算は売上高225億円(前年同期比41%増)、経常利益▲23.17億円(前年同期比▲49.12億円)でした。
パッと見は悪い内容(中間期経常が▲8.44億円ですから採算は大幅悪化しています)ですが、これを受け、通期売上高を280億円→295億円(同20%増)に、通期経常を▲63億円→▲46億円(前期は▲72.73億円)に引き上げています。
中国や欧州を中心に販売が想定超となっているためです。受注も201.27億円(前年同期比52%増)と好調で受注残も58.58億円(同57%増)となっています。
会社四季報が業績見通しについて「会社比大幅強気」とし、今期経常を▲9億円に大幅に引き上げていますが、ここは狙い目ではないかと判断しました。
月足チャートを見たら分かりますが、ここからの下はそうないとみられます。地合いが極端に悪化していますので、今は好業績銘柄より下値リスクの乏しい銘柄の方がいいとみています。
当然、来期を見据えた銘柄となります。
信用倍率は0.60倍と売り長で「貸し株」も49万株超出ています。需給は良好です。
なおPTSは出来ずとなっています。

このほか買い推奨を考えたのはZOZO(3092・PTSは2850円+44円となっています)、日本無線(5659・PTSは4455円+30円となっています)、トプコン(7732・PTSは1291円+50円となっています、ウルトラファブリックスHD(JQ4235・PTSは1940円+99円となっています)、ミスミG本社(9962・PTSは3610円-85円となっています)です。
この中に眼鏡にかなった銘柄があったら各自の判断で売買してください。業績面は問題なしです。

(株価1849円+65円) 買いゾ~ン2100円まで 見切りライン1759円(厳しく取っています)

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制