ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

注目の厳選銘柄

IDOM(7599)

増額修正を受け、逆に売られる動きになっていました。今期は15期ぶりの最高益となる見通しです。下げ止まったここは狙い目!

値幅の大きい動きが続いていますが、新規資金が入っている感じではありません。
相場下落時のヘッジ売り(11月末にかけて)、反転した時のヘッジ外し(昨日までの局面)が原因です。機械的な売買でそうなっているだけですので、惑わされないでください。
いま上値を買っていく材料はありません。といっても下に行く材料もありませんが・・・。
本日はIDOM。今年1/25に紹介し4/2に利確した銘柄です。

予想以上の決算を発表(10/14発表)したのに売られました。今回はこんなケースが目立ちました。
半導体不足による自動車生産の減少もあって中古車市場は活況です。
そんなこともあって10/14に8月中間期売上高を1987億円→2277億円(前年同期比27%増)に、経常利益を78.50億円→90.11億円(同186%増)に増額修正しました。
通期業績は売上高4054億円(同6%増)、経常利益139億円(同44%増)を変えていませんが、進捗率からみても大幅な上振れが濃厚。
前回紹介した時は来期は15期ぶりの最高益になる可能性大として紹介しましたが、それに弾みが付きそうです(なおこれまでの最高益は2007年2月期109億円)。

9月の直近高値からの下落率は37%超。テクニカル的には「超」売られすぎ状態となっています。
相場の流れをいち早く示すパラボリック指数は陽転(=買いシグナル点灯)3日目となっており、MACDも底入れから反転の動きに変わろうとしています。平均足チャートも陽線が続き、トレンドはという動きに変わりつつあります。
業績、チャート、テクニカル指標3拍子揃っており、ここは狙い目でしょう。
信用倍率は15.22倍と買い長で買い残が184万株ありますが、「貸し株」も79万株超出ています。
需給は良くありませんが、出来高を考えれば問題視するレベルではありません。
なおPTSは出来ずとなっています。

(8日株価746円+11円) 買いゾ~ン800円まで 見切りライン676円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制