ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > きょうの銘柄はこの中かられます

注目の厳選銘柄

きょうの銘柄はこの中かられます

29日は最初の決算発表集中日で500社近い会社が決算や増減額修正を発表していました。チェックしていくと物凄い数の会社が増額修正を発表していることが分かり、これは大変だと思いましたが、有効な手立てはなく、思いの外、チェックに時間を要してしまいました。
殆どの銘柄をチェックしなければない状況でしたが、多くの会社の株価はそれを見越して上昇しており、不思議なことにこれはという銘柄は見つからない状態でした。
そんな中から選んだ銘柄です。
推奨銘柄はまだ決まっていませんが、以下の中から出ます。

それらは…
●テクノホライゾン(6629)…推奨中の銘柄ですが、再度買いしたくなるような業績、チャートになっています。
PTSは921円+150円のストップ高、出来高10900株

●KIMOTO(7908)…第3Qに限ると経常利益は4.88億円、営業利器4.70億円と黒字浮上。期待値が低かった分、狙い目と判断しました。
PTSは194.9円+26.9(16.01%)出来高9900株

●ダイトーケミックス(4366)…第3四半期経常が9.53億円(同49%増)となったことを受け、通期営経常6億円→10億円に増額修正。
PTSは1131.4円+134.1円(13.42%)、出来高12200株

●スクロール(8005)‥‥通期売上高を800億円→830億円に、通期経常を45億円→65億円に増額修正、最高益更新に弾みが付くとしています。
PTSは934円+109円(13.21%)、出来高135500株

●ニッポン高度紙(3891)…第3四半期経常は19.02億円(同162%増)と予想以上。これを受け、通期経常を19億円→25億円に増額修正、2期ぶりの最高益になるとしています。
PTSは2690.2円+265.2円(10.94%)、出来高6900株

●JVCケンウッド(6632)…第3四半期経常は19.72億円(同44%減)と減益も、出色。通期経常は8.50億円j(同70%減)を据え置いていますが、第3四半期を取り出すと売上高772億円、経常利益55.77億円と凄い内容になっています。
PTSは184円+10円(5.75%)、出来高15100円。

●プロパティデータバンク(4389)…第3四半期経常が3.54億円(同92%増)となったことを受け、通期経常を3.68億円→4.63億円に増額修正。大した増額ではないものの、最高益更新に弾みが付く見通しとなっています。上がっていないチャートが魅力。
PTSは1985円+204円(11.45%)、出来高3000株

●ワコム(6727)…第3四半期経常が125.74億円(同130%増)となったことを受け、通期経常を88億円→127億円に増額修正。今期は2014年3月期の最高益(115.7億円)を7期ぶりに更新の見通しとなっています。高値圏も7年ぶりの最高期更新なのでOKと判断。
PTSは997円+61円(6.52%)、出来高22100株

●タカラレーベン(8897)…通期売上高を1360億円→1419億円に、通期経常を50億円→62億円に増額修正。底入れの好チャート。
PTSは327円+12円、出来高8900株

●オートバックスセブン(9832)…第3四半期経常は112.80億円(同19%増)と好調。寒波によりスタッドレスタイヤ需要が急増中。第3四半期は売上高は717億円、経常利益73.81億円と凄い内容。通期経常は81億円(同0.5%増)を据え置いていますが、大幅上振れが濃厚。
PTSは1444円+6円、出来高700株

●新明和工業(7224)…好チャートが魅力。通期経常は87億円(同29%減)を変えていませんが、第3四半期経常が49.74億円と急回復して入りため、大幅上振れが確実。因みに第3四半期までの累計経常利益は67.96億円(同14%減)。
PTSは出来ず

この中に眼鏡にかなう銘柄があったら各自の判断で売買してください。

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制