ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > 本日の推奨銘柄はこの中から出ます。自分ならどれを選ぶか各自で吟味してください!

注目の厳選銘柄

本日の推奨銘柄はこの中から出ます。自分ならどれを選ぶか各自で吟味してください!

きょうの推奨銘柄はこの中から出ます。
推奨銘柄と同時に配信しても詳細まではチェックできないと思ったので、早めに配信することにしました。
候補銘柄は以下の通りです。

このほか買い推奨を考えたのは…
●NIPPO(1881)…第1四半期経常は129.14億円(前年同期比147%増)と出色。通期経常は430億円(同12%増)を据え置いていますが、2017年3月期の益(457億円)を上回る可能性も。高値圏もOKと判断。7/21に野村證券が目標株価を2900円→3300円に引き上げる。
PTSは2870円+52円、 出来高100株

●ユーザーローカル(3984)…6/19に紹介し決算発表前の7/14に大事を取って利確した銘柄です。再度の紹介。2020年6月期経常は6.58億円(同24%増)と大幅増となり最高益を更新。今期は売上高19.23億円(同15%増)、経常利益7.69億円(同16%増)と一段と拡大。7/10に東海東京証券が投資判断を新規に強気の「outperform」、目標株価を5000円に設定。
PTSは4029.5円+84.5円、出来高1200株。

●チャームケア・コーポレーション(6062)…2020年6月期経常は18.35億円(同32%増)と大幅増となり最高益を更新。今期は売上高230億円(同17%増)、経常利益22億円(同19%増)と一段の拡大を見込む。「貸し株」が82.9万株と大量に出ています。
適度な調整を入れているのが魅力。
PTSは886円+94円 出来高20400株

●nmsホールディングス(2162)…2番底を付けたと判断。第1四半期は売上高137億円(同10%減)、経常利益▲1.57億円(前年同期は0.96億円の利益)と赤字となるも、通期では売上高565億円(同9%減)、経常利益3.50億円(同35%減)と黒字浮上を見込む。
あらためで安値まで下げたので業績不振は織り込んだとみています。
PTSは出来ず

●セントケアHD(2374)…第1四半期経常が5.94億円(同55%増)と出色の内容となったことを受け、通期業績を売上高448億円(同3%増)、通期経常を19.25億円(同41%増)見通しと発表。今期は一転増益となり、2017年3月期に記録した最高益(17.94億円)を4期ぶりに更新の見通しです。
PTSは468円+40円、出来高7100株

●Jタワー(4485)…昨年12月のIPO銘柄、第1四半期経常は0.93億円(比較できず)と出色。通期業績は売上高33.81億円(同32%増)、経常利益1.07億円(前年同期は5百万円)を据え置いていますが、大幅上振れが濃厚で、一気に最高益更新となりそうです。適度直しを入れていることも魅力。
PTSは5720円+200円、出来高4300株

●ミダック(6564)…第1四半期経常は5.20億円(同57%増)出色。通期経常は15.27億円(同5%増)を据え置いていますが、今年も災害が多く同社業績には追い風。今期も増額修正含みで、益更新に弾みが付きそう。
PTSは1809円+122円、 出来高1500株

●音通(東証2部7647)…株価28円。今回の決算で一番目立った銘柄です。第1四半期は売上高33.35億円(同10%減)、経常利益1.23億円(前年同期は7百万円)と凄い伸びを達成。通期では売上高134億円(同9%減)、経常利益2.30億円(同251%増)を見込んでいます。
カラオケ、スポーツジムは苦境続くが、食品、生活雑貨を扱う100円ショップが来店客数増で潤う。これが暫く続きそうです。
PTSも36円+8円、出来高102万2100株と凄いものになっています。遊びで5000~1万株買ってみたい銘柄です。

●レック(7874)…第1Qは売上高129億円(同14%増)、経常利益18.88億円(同77%増)と出色。通期業績は売上高500億円(同3%増)、経常利益43億円(同1%増)を据え置いていますが、進捗率から大幅な上ブレが濃厚。最高益更新に弾みが付きそうです。適度な調整を入れていることも魅力。
PTSは1840円+159円 出来高1100株

●アートスパークHD(3663)…決算が迫ってきたので7/22に大事を取って利確してくださいとしていました。再度の推奨。6月中間期は売上高30.07億円(同18%増)、経常利益3.48億円(同58%増)と予想以上。通期業績は売上高58億円(同8%増)、経常利益2.71億円(同17%増)を据え置いていますが、利益は通期計画を大幅に超過達成しており、大幅上振れが確実。今期は3期ぶりの最高益となりそうです。
PTSは965円+150円、出来高6200株

●HENNGE(M4475)…第3四半期の累計経常利益3.17億円(同138%増)と出色。これを受け、通期経常を2.59億円→4.8億円(同170%増)に増額、最高益更新に弾みがつく見通しです。売上高は41.10億円(同19%増)と不変。第3四半期を取り出しても売上高10.53億円、経常利益1.90億円と凄い内容。
適度な押しを入れており、チャートからも狙い目。
PTSは5300円+180円、出来高2100株

●学研HD(9470)…第3四半期の累計経常利益が51.26億円(同38%増)となったことを受け、通期業績を売上高1410億円(同0.3%増)、経常利益48億円(0.9%増)見通しと発表。小中高校の一斉休校など経営環境は最悪で、株価は今年2回目の底を入れたのではと見ています。
割り切れる方向き。悪材料出尽くし狙いです。
PTSは1460円+79円、出来高1200株

●青山商事(8219)…2020年4~6月期は売上高288億円(同48%減)、経常利益▲72.07億円(前年同期は14.78億円の利益)と悲惨な内容。通期業績見通しは未定としています。
これでは手は出ませんが、今が最悪期と捉えたら光も見えてきます。2018/11の直近高値からの下落率は84.6%に達しており、同年3月高値からは87.5%の下落。これ以上下はないところまで下げています。
「貸し株」が304万株超と大量に出ていますが、もう下げなくなっています。
これも割り切れる方向き。
PTSは出来ず

●ウイルグループ(6089)…第1四半期経常は9.77億円(同5%減)ながら、中間期売上高を550億円→570億円に、中間期経常を2億円→12億円に増額し、通期経常を20億円→25億円に引き上げる。配当も14.00円→17.00円)に増配。株価は上がっておらず、狙い目。
PTSは699円+100円、 出来高2500株

●JMS(7702)…第1四半期経常は6.85億円(同265%増)と出色も、通期業績は売上高595億円(同1%増)、経常利益22億円(同17%減)と不変。今期は一転増益となり、益更新となりそう。
PTSは870円+75円、出来高3200株。チャートもまずまず。

この中に眼鏡にかなった銘柄があったら各自の判断で売買してください。

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制