ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > マーケット解説 | 注目の厳選銘柄 > そろそろ買い場ですが、きょうは大事を取ってもう少し様子を見たいと思います

マーケット解説

そろそろ買い場ですが、きょうは大事を取ってもう少し様子を見たいと思います

そろそろ買い場だと思いますが、きょうは大事を取ってもう少し様子を見たいと思います。
休日のTVを見ていてコロナウイルスに対する日本と欧米の対応がまったく違うということを感じました。日本は冷静にみているのに欧米はパニックに陥っているという感じです。
すべてがそうなっているかは分かりませんが、米国では店頭から商品が消えています。ネット動画をみていると日本のスーパーに商品が溢れていることが信じられないとよく出ています。
これが株価に現れているのかもしれません。

色々な指標から日本株が歴史的水準まで下げているのは明らかです。
アメリカ株は日本株以上に下げていますが、割高といわれた株価が過去の平均的水準を少し下回るところまで下げただけではないかと見ています。日本でも米国株は異常な水準まで上昇しているとよく言われていたし、証券会社は日本株はダメだから米国株ばかり勧めているとよく言われていました。

19日に「潮目は変わりつつあるように思います!」を配信しました。その中で日経平均が安値を更新しているのに東証1部の新安値更新銘柄は増えていないとコメントしました。
すでに底を入れている銘柄が多くなっているからですが、3/19までみても新安値銘柄数は以下のようになっています。

3/6  前日比579円安   2163銘柄中   701(32.4%)
3/9  前日比1050円安    2164銘柄中 1254(57.9%)
3/12      前日比856円安    2165銘柄中   855(39.4%)
3/13      前日比1128円安   2166銘柄中  1721(79.4%) …2000/10以降で最多を記録
3/16      前日比429円安   2166銘柄中    173
3/17  一時前日比624円安  2166 銘柄中   782
3/18      前日比284円安             2166銘柄中   127
3/19      前日比173円安     2166銘柄中  366

米国株に振り回される状況が続いていますが、その米国では19日に全世界への渡航中止が勧告されたほか、カリフォルニア州やニューヨーク州、イリノイ州など有力州では州全域で住民の外出を禁止し、事業者の従業員には在宅勤務が義務付けられました。
ここまで打ち出されたわけですから、これ以上の悪材料は出てこないように思います・・・。
先ほどミシガン州など3州も外出禁止令を出したとラジオで放送していました。

いまは銘柄を絞って買っていけば必ず儲かるはずです。
ここまで下がったら逆にチャンスは大きくなってきます。

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制