ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > 野村総合研究所(4307)

注目の厳選銘柄

野村総合研究所(4307)

予想以上の決算です。増額修正必至で、最高益更新に弾みが付きそうです!

本日は決算プレー初日です。
殆どの銘柄が4~6月期は悪いという前提で株価が形成されていますので、今回はチャンス大です。
今の株価水準からみて当日決済は必要ないように思いますが、必要な時は2:30ごろまでに連絡いたします。
本日はNRI。

2019年4~6月期は売上高1294億円(前年同期比10%増)、経常利益211.612億円(同33%増)と予想を上回るものでした。
通期業績は売上高5300億円(同5%増)、経常利益770億円(同6%増)を据え置いていますが、増額修正必至で最高益更新に弾みが付く公算大です。
システム会社という性格上、決算期明けの4~6月期は売り上げ、利益が大きく落ち込む傾向があります。
そうした中でのこの業績。
中間期予想は売上高2550億円(同6%増)、経常利益370億円(同10%増)すから、進捗率は売上高で50.7%、経常利益で57.1%となり、大幅な上振れが濃厚となっています。

足元の株価は高値もみ合位となっていますが、令和のあの下落相場で崩れなかったことを評価するべきではないかと思います。
チャートからは買いにくいところにありますが、ここは狙い目と見ます。
信用倍率は0.36倍と大幅な売り長で、「貸し株」が216万株超出ています。需給は良好。
寄り前の気配値が34円安の1740円となっていまので、心配な方は寄った後の動きを見てから買ってください。

このほか買い推奨するか迷ったのは千趣会(8165:大底は付けたとみています)、アイカ工業(4206:最高益更新ながら安値圏にあるのが魅力)、大倉工業(4221:底値まで下がったとみています))、日本精線(5659:業績はいまいちながらチャートが魅力的)、ゴールドクレスト(8871:踏み上げになりそうですが、リスクが高そうな気もします)です。
いずれも業績、チャート面から注目されるものです。
このなかに眼鏡にかなったものがあったら、各自の判断で売買してください。

(25日株価1774円+11円) 買いゾ~ン1860円まで 見切りライン1699円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制