ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > スノーピーク(7816)

注目の厳選銘柄

スノーピーク(7816)

今期は2期ぶりの最高益更新も。テクニカル的には売られすぎ状態で、チャート的には下げ渋る動きになっています!

昨日は日経255を始め各指標が大幅安する全面安の展開となりましたが、日経平均の116円(0.53%)安は強い動きではなかったかと思います。
CMEの日経平均先物は21620円-416円でしたので大幅安を覚悟していたのですが、大幅安で始まった後は下げ幅を縮小する動きになっていました。短期筋が売り崩しに動いていたのに売り崩せず、逆に戻す動きになっていました。日銀のETF買いがない中での戻しだけに注目されます。
日経平均は指数の連続性が断ち切られてしまいましたが、上場企業の連結純利益(対象は東証1部の3月決算企業)は日経平均が22666円の戻り高値を付けた1996年当時の5兆円(この部分は株式評論家杉村富生氏)が今期は34.8兆円と7倍にもなっているのです。
企業の稼ぐ力が格段に強くなっているので、もう売り崩せなくなっているのです。
このことは頭の片隅に入れておいてください

本日はスノーピーク。
前回推奨時(12/15)は見切りライン割れとなりました。相場下落に巻き込まれた面もあったのですが、もう下げなくなっています。
全面安となった一昨日、昨日と逆行高していました。基調の強さを示すものですが、好実態を評価する動きになったのではとみています。
決算を受けた15日は一時164円高の1687円まで上伸していましたので、市場が落ち着いたらその程度までは戻すはずです。

今12月期の第3四半期決算は売上高88億円(前年同期比15%増)、経常利益6.69億円(前年同期比475%増)億円と予想を上回るものでした。これを受け、通期売上高を117億円→118億円(同19%増)に、通期経常5億円→7億円(前期は▲0.38%増)に増額修正しています。
2016年12月期の過去最高益(8.05億円)に迫る見通しとなっていますが、会社は第4四半期は0.31億円の経常利益しか見込んでいなません。
第4四半期の売上高予想が29.84億円(第3四半期は28.51億円)ですから、第3四半期並みの経常利益(2.56億円)が出てもおかしくありません。そうなれば最高益更新となります。

2期ぶりに最高益を更新する可能性があり、テクニカル的には売られすぎ状態で、チャート的には下げ渋る動きに変わってきている、となれば、狙い目でしょう。
信用倍率は4.70倍と買い長で買い残が13.7万株ありますが、「貸し株」が30万株出ており需給は良好。

(5日株価1428円+43円) 買いゾ~ン円2650円まで  見切りライン1309円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制