ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

注目の厳選銘柄

SEMITEC(JQ6626)

相場急落前の株価をすでに回復。調整一巡感が出ており、売られすぎたここは狙い目!

昨日は好決算を発表したものの、売られる銘柄が目立ちました。
紹介したベクトルを始め、SOU(M9270)、TKP(M3479)、サイバーステップ(東証2部3810)、ロゼッタ(M6182)などがその代表。
このうちサイバーステップは第1四半期の赤字幅拡大、ロゼッタは会社四季報との比較で中間期利益が少なかったのが響きました。

サイバーステップは11月中間期見通しは非開示としていますが、通期では大幅増益予想を変えておらず最高益更新の見通し。ロゼッタは8月中間期は154%増益となりましたが、会社四季報予想を下回ったことが嫌気されました。
同社は業績については中間期も通期予想も非開示としています。会社四季報が無理に出した予想を下回ったというだけで急落した形になっています。

昨日は短期筋の買い戻しで日経平均は急反発しましたが、不安定な値動きが続いています。
ただ高配当銘柄は買われていたと日経紙は報じています。
ひょっとして買われすぎた高PER銘柄を手放す動きになっているのかもしれません。
暫くは物色の流れを見極める必要があります。
来週からは決算発表が本格化しますので、それまでは無理な売買は控えてください。

きょうは無難とみられる銘柄。
昨年に続き今年8/20に再度推奨、9/4に利確したSEMITECです。
9/21に8640円まで上昇した後、地合い悪化もあって調整しましたが、すでに下げ渋る動きに変わっています。
全面安となった10/11は5%安となったものの、チャートは陽線の「コマ」。「コマ」は気迷いを表します。下げすぎではないか、または上げすぎではないかとの見方から注文が入るももの、市場の勢いに押される形での引けです。

昨日は6%高し急落前の10日株価を回復しました。
調整一巡感が出て株価の基調が変わったからでしょう。9/21高値からの下落率は34%超でテクニカル的には売られすぎ状態となっています。
業績は好調で今期は売上高150億円(同3%増)、経常利益11.40億円(同27%増)と4期ぶりに最高益を更新の見通しですが、第1四半期の内容からみて大幅な上振れが濃厚となっています。会社四季報は「会社比強気」とし経常は13億円に拡大すると予想しています。

きょうは昨日大幅高した反動が出る可能性がありますが、(書いているうちに気配値が上がってきましたが)ここは狙い目とみます。
信用買い残が14.4万株ありますが、「貸し株」が6万株超出ており需給は悪くありません。
なお業績の詳細は8/20号をご覧ください。

(16日株価6600円+400円) 買いゾ~ン6900円 見切りライン5639円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制