ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

注目の厳選銘柄

PR TIMES(3922)

好決算を発表しましたが、全面安相場を見て、早めに利益を確定しようという動きに押されただけだとみています!

米国株は昨日も下落しましたが、下落率は大幅に縮小しています。底は見えてきたのではと思います。
CMEの日経平均先物は225円安の22545円。東京市場の昨日終値比45円安で引けています。
昨日の騰落銘柄数は値下がり2050に対し値上がり56、変わらず4でした。東証1部の97%超が値下がりする凄い下げで、225構成銘柄のなかで値上がりしたのは大和ハウスだけという状況でした。

日経平均が1日で14.9%(25746円→21910円)も暴落したブラックマンデーのときは上昇銘柄7だったと記憶していますが、雰囲気的にはそれに近い下げだったように思います。
常識的に考えれば、昨日はやはり下げすぎではないかと思います。
それできょうはそれに沿ったPRタイムズ。昨年12月に紹介し今年2月に利確した銘柄です。

好調な業績が続いていましたので、また紹介しようと思いずっとウォッチしていました。
そしたら後場から急落し東証1部の下落率トップ(16.36%)となっていました。
何だと思い調べたら決算が好調なためと分かりました。

前引け後に発表した8月中間期決算は売上高10.63億円(前年同期比32%増)、経常利益2.11億円(同17%増)と予想をやや上回る好調なものでした。
通期業績は売上高21億円(同22%増)、経常利益4.45億円(同20%増)を据え置いていますが、最高益更新見通しは変わりません。

最初は期待値が高すぎたためかとも思ったのですが、考えた結果、値持ちがよかったためとの結論に至りました。
前場終値は前日比24円安の2935円でした。それが後場始値は前場終値比386円安の2549円。
ホルダーは相場の急落をみて、ここは早めに利益を確定した方が良いとの行動に移ったからではないかと思ったわけです。

株価は第1四半期決算を好感して急伸する前の7/12の株価を下回る水準まで下落しています。
「往って来い」以下の水準まで下げています。
その意味で下げすぎたここは狙い目でしょう。
信用買い残が21.8万株ありますが、「貸し株」も18.6万株出ており需給に問題はありません。
まだ無理する必要はありませんが、心配な方は寄った後の動きを見てから買ってください。

(11日株価2475円-484円) 買いゾ~ン2900円まで 見切りライン2225円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制