ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

注目の厳選銘柄

愛眼(9854)

業績は順調に回復しており今期も10%増益予想。なのに株価は決算発表前の水準まで下げています。需給も良好!

難しい相場になってきました。相場の方向性が読めず物色も日替わりで変わっています。
暫くは無理な売買は控えてください。
来週15日には会社四季報が発売されます。動くのはその後でも遅くはないとみています。
本日は下値リスクの乏しい銘柄。
5月7日、「2018年3月期経常を1.77億円→3.17億円に増額修正したうえ3.00円の復配を発表しています。チャートは買いたくなるようないい形になっています」と厳選銘柄でコメントしていました。

2018年3月期は売上高163億円(前期比2%増)、経常利益3.17億円(前期は0.11億円)と予想を上回って着地。
今期は売上高169億円(同3%増)、経常利益3.48億円(同10%増)と一段の拡大を見込んでいます。
株価は増額修正を好感してS高を交え585円まで上昇しましたが、その後は一転、利益確定売りや戻り待ちの売りに押される展開。
5/11の本決算を受けてもこの流れは変わりませんでした。

今期増益率が10%にとどまったこと、配当を未定としたのが響いたのではないかとみています。
とはいえ株価は増額発表前の水準まで下げています。
出来高が細り売り物がこなせなかったためですが、どう考えてもこれは下げすぎだと思います。

信用倍率は4.03倍と買い長で買い残が72.3万株ありますが、「貸し株」が120.5万株出ています。これは昨日出来高の19.0日分に相当します。
需給面からも狙い目大とみています。

(4日株価463円+4円) 買いゾ~ン490円まで 見切りライン429円 100株単位

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制