ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

注目の厳選銘柄

オプトラン(6235)

凄い高収益会社で大幅増額必至の状況となっています。後は地合い回復だけという状況!

日経平均は安値から高値までの上昇幅の3分の1押し水準(22150円前後)を割り込んだので、もっと下げる可能性が出てきました。
地合いは良くありません。第2の下値メドである半値押し水準(21698円前後)で下げ止まらないと21000円を割れる可能性もあります。
そうなると3/26に付けた今年安値(20347円)が目前に迫ってきますので、市場は悲観に覆われます。
買いスタンス(買いではありません)に転じるのは21698円をキープできたときか、21000円を割り込んで市場が弱気ムードに覆われたときだと考えています。
その頃には会社四季報・夏号も発売されます。チャンスは近づきつつあるとお考えください。
本日はこの相場地合いでも堅調な動きを見せていた銘柄。

昨年12月のIPO銘柄です。同社社長(創業者)は日本に帰化した中国人。
今12月期の第1四半期は売上高107億円、経常利益34.26億円と凄い内容となっています。前年同期の実績は不明ですが、売上高経常利益率は31%超と凄い水準に達しています。
中間期では売上高200億円、経常利益35億円を見込んでいますが、経常利益はほぼそれを達成しています。
通期業績は売上高438億円(同31%増)、経常利益82億円(同15%増)を据え置いていますが、進捗率から見て大幅な上振れが濃厚。最高益更新に弾みが付きそうな内容となっています。

この決算を受け株価は急伸。その後、中段もみ合いの動きとなっています。
今の相場地合いを考えたら強い動きで、センチメントが改善したら一気ではないかとみています。
信用倍率は24.11倍と大幅な買い長で買い残が119万株ありますが、「貸し株」が159万株超出ており需給は良好です。

(30日株価3600円±0) 買いゾ~ン3745円まで 見切りライン3359円 100株単位

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制