ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

注目の厳選銘柄

荒川化学(4968)

下値リスクの乏しい銘柄です。今期は一転増益となり最高益更新も!

底入れはまだ確認されていませんが、日経平均は8割以上の確率で底を打ったとみています。
例え下がったとしてもここからの下値はしれています。
ただ相場はまだ不安定です。積極的に動くのは底入れが確認できてからです。それまでは慎重なスタンスが必要です。
本日は下値リスクの乏しい銘柄です。

1/26の増額修正を受けて堅調な動きになっていましたが、株価急落に巻き込まれ大きく下落していました。ただチャートは2/15の1865円で底を入れた形になっています。
増額修正は2018年3月期売上高を780億円→800億円(前期比3.4%増)に、営業利益を47.5億円→49億円(同3.8%減)に、経常利益を49億円→52億円(同2.2%減)に引き上げるものでした。減益幅が縮小すると発表していたわけです。
本決算は2/1に発表しましたが、そのとき2017年4~12月期の累計決算は売上高610億円(同6.0%増)、経常利益45.05億円(同8.7%増)と増収増益を達成していました。過去最高ペースで来ていました。
2/2はこれを好感、前日比50円高の2306円まで上げる場面がありました。

その後、急落に巻き込まれたわけですが、増額したとはいえ今期は減益見通しですから、買い気は削がれたはずです。
こうしたなか下げ止まり、反転の動きとなっています。
12月に富士工場が爆発・火災事故(従業員が死亡)を起こし、その影響が懸念されていたので、売りたい向きはあらかた売ったはずです。
3Qまでの順調な進捗から今期は増益に転じ、一転、前期に続いて最高益更新となる可能性もあります。
会社四季報では来期も好調を予想しています。
信用倍率は14.71倍と大幅な買い長で買い残が9.7万株ありますが、貸しが19.9万株出ており需給は良好です。
寄り前の「板」は前日比140円安の1940円カイとなっています。9日の反動だと思います。心配な方は寄った後の動きを見てから買ってください。

(9日株価2080円+79円) 買いゾ~ン2150円まで 見切りライン1864円 100株単位

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制