ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

注目の厳選銘柄

イオン(8267)

売り方は負けました。膨大な「貸し株」が出ており需給面から狙い目大とみています!

年初から日経平均がこれだけいきなり上昇したら、投資家はここから買ってもいいものか悩むはずです。なんと日経平均はボリンジャーバンドの+3σ(23846.78円)まで一気に突破してしまいました。99.73%の確率で±3σ内に収まるものがそうならず、異常な状態となっているのです。
新たなトレンド発生か、それとも行き過ぎで元の鞘に収まるか。いまこんなところに来ているのです。
この水準では高値圏にある銘柄は推奨しにくいのですが、本日はその高値圏にある銘柄。

いつか紹介しようと温めていた銘柄ですが、本日が決算発表日であることが分かり、急きょ紹介することにしました。
業績が予想以上に良くなるからではありません。需給が猛烈に良好なため、そこそこの業績でも上値追いが期待できると思ったからです。

2018年2月期は売上高8兆3000億円(前期比1%増)、経常利益2000億円(同6%増)と増収増益を見込んでおり、業績はまずまず。
注目の需給ですが、信用倍率は0.10倍と圧倒的売り長で、売り残は285.5万株もあります。これは昨日出来高の1.21日分になります。
このほか「貸し株」に出ている株がなんと5605.5万株(前週末比9.6万株)。これは23.76日分に相当します。
市場内だけでなく場外(=立会外分売)を使って売った分もあると思いますが、これが買い戻しに動いたらそれなりの影響がでるはずです。

株価は12/14に1936円の高値を付けた後、一息入れ、再び上値追いの動きに変わっています。
12/22に終わる週に「貸し株」が9.6万株減少しているのは、ここまで来たら買い戻す以外手がないと思ったからではないかとみられます。
売り方は個人、大口とも負けです。
業績面の援護射撃は大きくはありませんが、ここは踏み上げを狙いたいと思います。
高値圏での推奨となりますので、見切りラインには注意してください。

(9日株価1939円+4円) 買いゾ~ン2000円まで 見切りライン1879円 100株単位

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制