ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

人気ブログランキングへ

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > 日本特集陶業(5334)

注目の厳選銘柄

日本特集陶業(5334)

EV人気で徹底的に売られましたが、底入れ反転の動きとなってきました。業績は急ピッチで回復しており今期は3期ぶりの最高益更新も!

物色動向が読めなくなっています。流れが見えてくるまでは無理な売買は控えてください。
本日は底入れしたとみられる銘柄です。
今月初めまでリチウムイオン電池などEV(電気自動車)関連株が凄い人気を集めていましたが、その対極にあって一方的に売られたのがエンジン関株です。
EV車が普及すると需要がなくなってしまうからです。でもそうなるのは大分先のことです。

自動車用点火プラグを手掛けているためEV普及で需要が減退するとの警戒感から、株価は大きく下落していました。
直近高値からの下落率は27%超、2015年6月高値からは5割近くも下落しています。
業績が冴えなかったこともそこまで下げた一因となっていますが、テクニカル的に見ても指標面からみても下げすぎ状態となっていました。
だからでしょう。EV人気が最も盛り上げっていた先月中旬に株価は底を入れていました。その後は反転の動きに変わろうとしています。

こうした中、9月中間期売上高を185億円→1980億円(前年同期比9%増)に、経常利益を254億円→335億円(同45%増)に増額修正しました。点火プラグが中国で新車や補修向けに想定以上に伸びたのが主因。
同社では今期業績は売上高3849億円(同3%増)、経常利益559億円(同0.6%増)と予想していますが、中間期の大幅増額からみて通期でも大幅な増額が濃厚です。
想定為替レートは1㌦=105円で1円円安は年7億円の増益要因となります。
過去最高益は2015年3月期に記録した679億円ですが、それを3期ぶりに更新する可能性も出てきたように思います。

信用倍率は10.8倍と大幅な売り長で買い残が113.4万株ありますが、「貸し株」が164.4万株出ており需給に問題はありません。
そろそろ利益確定売りが出てくる水準ですが、ここは狙い目でしょう。
ただ上述のネガティブ材料を抱えた銘柄であるということは忘れないでください。

(25日株価2334円+23円) 買いゾ~ン2375円まで 見切りライン2099円 100株単位

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制