ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

人気ブログランキングへ

注目の厳選銘柄

日立化成(4217)

リチウムイオン電池関連です。業績は好調で今期も最高益更新予想。株価は底入れの動きとなっています!

北朝鮮リスクの高まりや米ハリケーンへの警戒からリスク回避の動きが強まっていましたので、昨日の東京市場は予想以上の上昇となりました。これまでの動きが過剰に反応し過ぎていたとの見方からです。
地政学リスクが重荷となりこれまで何を買ったらいいか分からない相場でした。昨日はその揺り戻しだったと言えます。
ただ売買代金は全く増えていません。売り方の買い戻しで上げただけです。
何を買ったらいいかはまだ読めません。
物色の方向性が見えてくるまでは無理な売買は控えてください(方向性が見えてきたらはっきりとお伝えします)。
本日は底入れしたとみられる銘柄です。

リチウムイオン電池関連として7/28に紹介した時は見切りライン割れとなりました。
英国やフランスが内燃機関のエンジンを使った自動車の生産を2040年以降、禁止すると発表しましたが、本日の日経紙が中国もガソリン車生産を禁止する方針だとし、その導入時期の検討に入ったと報じています。
世界最大の自動車生産国となった中国まで内燃機関車の生産禁止に動こうとしていることで、今後、猛烈な勢いで電気自動車(EV)の開発が進むとみられます。

同社はリチウムイオン電池の負極材の最大手メーカーです。
同業他社が大きく上昇している中にあって、同社だけは年初来安値まで売り込まれていました。
225採用銘柄ではありませんが、外国人が6週連続で日本株を大きく売り越していたので、その影響を受けたのではないかとみられます。
ただ株価はここへ来て反転の動きに変わっています。
テクニカル的に売られすぎ状態となっていましたので、9/6の2857円で底は入れたとみられます。

2017年4~6月期決算は売上高1520億円(前年同期比21%増)、税前利益152.04億円(同50%増)と好調なものでした。
通期の税前利益は600億円(同10%増)と最高益更新を見込んでいます。
中間期計画に対する税前利益の進捗率は52%超と順調でしたが、括目するほどの内容ではありません。
これも株価下落の一因だった可能性があります。

信用倍率は7.54倍と大幅な買い長で買い残が55.9万株ありますが、「貸し株」も204万株(昨日出来高比2.27倍)超出ています。
9/1で終わる週に23万株超減少していますので、売り方は買い戻しに動いているようです。
十分下げたと判断したからでしょう。
最高益更新見通しなのに年初来安値まで下げたこと自体、不自然です。
本日は4日続伸した反動が出る可能性がありますが、ここは狙い目とみます。

(11日株価3040円+78円) 買いゾ~ン3150円まで 見切りライン2856円 100株単位

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制