ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > Vテクノロジー(東マ7717) 

注目の厳選銘柄

Vテクノロジー(東マ7717) 

 底入れ反転の動きとなってきました。本日引け後発表した9月中間期決算も10/28に増額修正したとおりの好内容。連結売上高は前年同期比82%増と大幅増で経常利益も316百万円と前年同期の420百万円の赤字から急改善しています。
 通期では売上高147億円(前期比2.3倍)、経常利益750百万円(前期は584百万円の赤字)と従来予想を変えていませんが、会社側では売り上げについては既に受注済みであり達成可能。利益については、下期から売り上げが急拡大するが、新製品の第10世代基板対応装置が中心となるため従来装置よりも原価率が高めになる。発送コストや研究開発費増、円高の影響も出るため据え置きとした、とコメントしています。需要が弱くて慎重にみているわけではないため、増額の可能性は残されています。
 いまのマーケットは業績の落ち込みが小さいだけでもポジティブに評価されるます。チャート妙味が増していることもあり、ここは狙い目でしょう。PERは10.8倍台超割安でPBRも1.29倍台にすぎません。引け後、700株(発行株式総数の1.5%)、1億円を上限とした自社株買いを発表しました。取得期間は11/11~12/10まで。(株価139300円+14300円 見切りライン114000円)


(銘柄フォロー)ドワンゴ(3715) 128100円+3100円

本日は高値137200円まで買われましたが、上げピッチが速かったため利食い売りに押されました。発行済み株式総数の10.1%に相当する20000株、28億円を上限とした自社株買いを14日から行います。来年1月13日までと期間が短いので早いうちに買ってくるのではないでしょうか。また、本日付けで日興シティグループ証券が投資判断「1S]継続を発表。目標株価は376000円としています。日証金ベースの信用倍率は0.75倍。逆日歩も5円付いています。決算発表は13日ですが、押し目があれば仕込んでおきたい銘柄の一つです。

(銘柄フォロー)イナリサーチ(JQ2176) 87700円+10000円

 本日、ミニゴールデンクロスを示現しました。新値3本足も陽転。業績は好調で、9月中間期については既に増額修正済み。売上高は従来予想の1427百万円→1641百万円(前年同期比28%増)に、経常利益は11百万円→90百万円(同34%増)に、純利益は1百万円→34百万円(同26%増)にそれぞれ引き上げています。83%の経常減益予想が増益予想に変わってきたわけです。中間決算は明日発表されます。株価は底値圏にあり、ここからの下値リスクはそうはありません。好業績の出遅れ銘柄として期待度は大でしょう。

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制