ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > JVCケンウッド(6632)

注目の厳選銘柄

JVCケンウッド(6632)

様変わりの業績改善です。会社再生に光が差してきたようです!

決算をチェックしていてびっくりしました。
2020年4~12月期は売上高1948億円(前年同期比11%減)、営業利益20.58億円(同51%減)、税前利益19.72億円(同44%減)と減収減益となっていました。
通期業績は売上高2600億円(同10%減)、営業利益20億円(同51%減)、税前利益8.50億円(同70%減)を据え置いていましたが、様変わりの業績になっていることがすぐ分かりました。
9月中間期が売上高1176億円、営業利益▲33.52億円、税前利益▲36.05億円でしたから、第3四半期は売上高772億円、営業利益54.10億円、税前利益55.77億円となります。まさに急回復。様変わりの改善となっています。

会社資料をチェックしたのですが詳細な説明はありません。ただ、これまでのオーディオ、車載関連事業はコロナ禍もあっていまいちな内容だったが、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業が急成長したことが主因ということは分かりました。セグメント利益は前年の5.86億円→15.80億円に拡大したと出ていました。
コスト削減効果も業績改善に寄与していますが、今回の決算を受け、会社再生の先行きに光が差したのではないかと思います。

日足チャートを見たら買いにくい局面ですが、株価の中期トレンドを示す週足チャートは買いたくなるようないい形になっています。
株価が低位なこともあり、ここは狙い目と判断しました。
信用倍率は2.46倍とやや買い長で買い残が212万株ありますが、「貸し株」も115万株超出ています。需給に問題はありません。
なおPTSは184円+10円(5.75%)、出来高15100円となっています。

(29日株価174円-3円) 買いゾ~ン200円まで 見切りライン131円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制