ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > IDU(東マ8922) 

注目の厳選銘柄

IDU(東マ8922) 

 不動産ファンドの企画・運営、コンサル会社のレイコフ(8941)が突然、民事再生法を申請したことで新興市場の不動産関連株に衝撃が走りましたが、朝方売られたあと急速に戻してきました。5分足チャートをみれば分かりますが、半端な戻しかたではありません。不動産関連というだけで売りが売りを呼ぶ異常な展開が続いていただけに、溜まっていたものが噴き出してきたような戻し方でした。
 不動産業界の先行きは楽観できるものではありませんが、いまのマーケットの厳しい地合いを考えれば、本日のプラス引けは評価していいのではないでしょうか。業績は順調で今期も過去最高益更新の見込み。
 注目点はネットによる不動産オークション事業「マザーズオークション」の成長性。ガラス張りで公正な価格形成が出来るというという特徴から、りそな銀行などが担保物件処分などに活用し始めています。これの成長に伴い同社の収益は飛躍的に伸びていくとみられます。 
 時価はPERで6.1倍台と超割安でPBRも0.57倍。市場が落ち着けば見直されるはずです。好業績にもかかわらず06年1月の高値から9割超も売られた銘柄だけに、それなりの反発があってもおかしくはありません。(株価74600円+2300円 見切りライン63900円)

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制