ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > GNIグループ(M2160)

注目の厳選銘柄

GNIグループ(M2160)

株価は超売られすぎ状態。特発性肺繊維症薬が想定超の伸びになっていますが、今回の新型肺炎で適用拡大となる可能性も

昨年2回紹介し、2回とも利確出来た銘柄です。2回目は12/2に紹介、その23日後の12/25に38%高で利確できました。ほぼ高値で売却できました。
株価はそこから急落しています。
6か月間で3.2倍も上昇していたことに加え、コロナウイルスショックがあったためです。
高値からの下落率は55%超。半値以下になっています。テクニカル的には「超」売られ過ぎ状態に近い水準まで下落していたので、2/28の1225円で底は入れた可能性大です。
3/2のストップ高は売られ過ぎと見た向きの買いだったと思います。
が、翌日は急落。市場が後場から一転、全面安となったため、短期筋が慌ててロスカットに動いた結果だとみています。
市場はまだ不安定ですが、今後、上げ下げを繰り返しながら落ち着きを取り戻すに連れ、反転の動きになる公算大です。
そのためここは狙い目でしょう。

バイオ創薬ベンチャーですが、2017年12月期から黒字基調が定着、業績は絶好ともいえる状況です。
2019年12月期は売上高74億円(前期比48%増)、経常利益11.97億円(同228%増)と予想を上回って着地、最高益を更新しました。
今期は売上高95.72億円(同29%増)、経常利益14.63億円(同22%増)と一段の拡大を見込んでいます。
特発性肺繊維症薬が想定超の伸びになっており、今回の新型肺炎で適用拡大となる可能性もあります。
そうなったら株価へのインパクトは大きなものとなります。
信用買い残は265万株と過大ですが、「貸し株」が301万株超出ています。需給は良好です。

(4日株価1383円+20円) 買いゾ~ン1550円まで 見切りライン1224円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制