ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

注目の厳選銘柄

GCA(2174)

来期のV字回復を見据えた銘柄です。大底は入れています。ベクトルは上だとみています!

きょうは少し先を見据えた銘柄です。
12月決算企業で今期業績はメタメタです。しかし来期を見据えたら、ここは絶対買いだと思います。
日本を代表するM&A会社ですが、売り上げの63%が欧米で占められます。日米欧3極体制でクロスボーダー案件を多数扱っているからです。
欧米ではコロナが蔓延しており、アドバイザリー業務は開店休業に近い状態。案件が進展していても現地に行けない状況になっており、これが今の株価に現れています。
国内が主力の日本M&Aセンター(2127)やM&Aキャピタルパートナーズ(6080)がしっかりしている中、弱さが目立ちますが、そろそろ来期を見越した動きが出てきてもおかしくありません。
3月の494円で大底は入れたとみられるので、ここは狙い目でしょう。

6月中間期は売上高62.45億円(前年同期比59%減)、経常利益▲2.89億円(前年同期は22.44億円の利益)と酷いものでした。
合理的な算出ができないことから通期業績予想は未定としていますが、会社四季報は今期業績は売上高150億円(同36%減)、経常利益10億円(前期は33.74億円の利益)になると予想しています。
そして来期は売上高255億円、経常利益31億円とV字回復を予想。

このところじりじり下値を切り上げています。そろそろその反動が出てくる可能性もありますが、戻り歩調の動きは変わらないとみています。
信用倍率は5.49倍と買い長で買い残が66.4万株ありますが、「貸し株」も153.7万株出ています。需給は良好です。

(17日株価673円+7円) 買いゾ~ン700円まで 見切りライン561円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制