ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > (空売り)エリアリンク(東マ8914)

注目の厳選銘柄

(空売り)エリアリンク(東マ8914)

 セルフストレージや駐車場、オフィス、ホテルなどの不動産運用を事業の中心としています。2月3日に前12月期業績の下方修正(経常利益を1002百万円の黒字→710百万円億円の赤字)と無配転落(200円配当→0円)を発表したことをきっかけに株価は急落。本日は1000円を割り込み、発表前の2155円から57%下の937円まで売られました。これは上場来安値。ただ引けは安値から40円高の977円。
 引け後発表された前期決算はに下方修正したものとほぼ同じ内容でした。今期は売上高116億円(前期比29%減)、経常利益409百万円、当期利益327百万円と黒転予想を見込んでいますが、前期決算を受け、監査法人から「継続企業の前提に重要な疑義」が存在するとの見解が注記されました。同業の陽光都市(JQ8946)が前週末、継続企業の前提に関し注記を記載すると発表した途端、ストップ安売り気配になっているように、新興不動産株で注記がついたらまず危ないと見なければなりません。危険な不動産関連株と云われている銘柄のほとんどが空売りができない状況になっていますが、同社株はまだ空売りが可能です。大株主の黒川木徳も持ち株を売っていますし、シティグループも大量に空売りしています。戻る局面があれば売りのスタンスで狙いたい銘柄です。(株価977円-36円 見切りライン1080円)

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制