ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > (空売り候補)SCREENホールディングス(7735)

注目の厳選銘柄

(空売り候補)SCREENホールディングス(7735)

 トレンドは下向きに転換しています!

これまで何度もコメントしてきましたが、いま買いでは取れなくなっています。
そこまで相場が上昇してきたということです。
空売りでないとサヤは抜けなくなっていますので、地合いが変わるまでは「売り」、「買い」両にらみで行きたいと思います。
本日は空売り銘柄です。

半導体関連がおかしくなっているということはこれまで何度も指摘していました。
売り推奨中のSUMUCO(3436)やアルバック(6728)、東エレク(8035)はすでに下落しており、ETF買いで日銀の持ち株比率が16.6%まで高まったアドテスト(6857・6/24のマーケット解説を参照))まで下落に転じようとしています。

同社株はテクニカル的にはやや売られすぎ状態となっていますが、5日線、20日線に続いて60日線まで下向きに変わったことで、トレンドが転換した可能性が強まってきました。
フシ目の100日線にタッチしても抵抗できずるずる下げた動きから、買い上げる勢いはなくなったように思います。

信用倍率は3.96倍と買い長で信用買い残は67万株あります。「貸し株」が172万株超出ていますが、需給面には特段の問題はありません。
売り優位の展開となった来たことから、ここは狙い目です。
空売りが心配な方は最低単位で売買して慣れてください。
これからは二刀流で行きますのでチャンスはこれまで以上に増えてくるとみています。

(4日株価4320円-80円) 売りゾ~ン7290円まで 見切りライン7780円 100株単位

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制