ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

人気ブログランキングへ

注目の厳選銘柄

高砂熱学(1969)

決算を好感して急伸した後、大幅下落となりましたが、底入れ反転の動きに変わろうとしています!

 8/21に下値リスクの乏しい銘柄として紹介しましたが、地合い悪化から見切りラインを1円下回ってしまいました。しかしその後はそこを起点に反転の動きに変わっています。
もう少し下に設定しておけばと悔やんでいます。底は入れたと思いますので、再度の推奨です。

8/8に決算を好感して2119円まで急伸した後、一転、利益確定売りに押される動きになっていました。
株価は決算発表前の水準を大幅に下回る水準まで下がっており、テクニカル的には売られすぎ状態となっています。
直近高値からの下落率は19%超。出来高は膨らんでいないので、地合い悪化がここまで下げさせたとみています。

2017年4~6月期が売上高610億円(前年同期比11%増)、経常利益29.27億円(同61%増)と予想以上だったことから、中間期売上高を1150億円→1270億円(同11%増)に、経常利益を43億円(同11%増)に増額修正、中間期が一転、増益になると発表しました。
通期業績は売上高2620億円(同0.7%増)、経常利益120億円(同10.6%減)と従来予想を据え置いていますが、中間期の増額から増額期待の高まる内容で、今期も最高益更新となる可能性大です。

信用倍率は2.72倍と売り長で買い残が7万株ありますが、「貸し株」が36.9万株(昨日出来高の1.33日分)出ており、需給は良好。8/18に終わる週に7.1万株売り乗せされています。
本日は3日続伸の反動が出る可能性もありますが、ここは買いに分がありそうです。

(30日株価1797円+35円) 買いゾ~ン1837円まで(前回と同じです) 見切りライン1699円 100株単位

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制